中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム

文部科学省 平成24年度 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 採択事業

  1. トップページ
  2. FD研修
  3. 国立がんセンター中央病院における研修報告

国立がんセンター中央病院における研修報告

研修期間:2008年10月1日~12月31日

報告者
徳島大学 近清 素也(医師)
研修先
国立がんセンター中央病院 胃外科(10月、11月)、緩和医療科(12月)
研修目的
胃がん治療に対する標準的治療、知識・手技の習得、がん診療におけるがん末期患者の終末期医療・疼痛管理などの基本的な考え方、知識、手技の習得
国立がんセンター中央病院
定床
600床
平均在院日数
14日
外来患者
1,100~1,200人
通院治療センター
抗がん剤治療;80~100人/日
胃外科
30床
年間手術症例約700例
緩和医療科
緩和ケア病棟はなし
各科併診患者は約20名

10月1日~11月30日

胃外科

手術の見学・助手としての参加
病理検体の処理
各カンファレンスの参加
胃がん以外のカンファレンス(大腸がん,消化器内科など)への参加
学会、研究会への参加

胃外科グループ週間予定

月曜日
7時45分より病棟回診
火曜日
7時45分より病棟回診
17時より外科全体カンファ・ミニレクチャー
18時より胃外科・内科・内視鏡医合同カンファ
水曜日
7時45分より病棟回診
(18時より食道外科・内科合同カンファ)
木曜日
7時45分より病棟回診
金曜日
7時15分より術前・術後カンファレンス
終了後、病棟回診
(18時より大腸外科・内科合同カンファ)

参加した学会・地方会

第14回関東腹腔鏡下胃切除研究会

(韓国腹腔鏡下手術研究会との共催)

テーマ1
「肥満患者に対するリンパ節郭清」
6番リンパ節郭清
金谷誠一郎(藤田保健衛生大学)
テーマ2
「肥満患者に対するリンパ節郭清」
膵上縁のリンパ節郭清
阪 眞(国立がんセンター中央病院)
テーマ3
「LAPG後の再建方法」
・細経胃管による再建
(白石憲男、大分大学)
・Circular staplerを用いたアンビル引き挙げ法
(比企直樹、がん研有明病院)
・Linear staplerを用いた食道残胃吻合
(松井英男、東海大学)
・Linear staplerを用いた食道残胃吻合・噴門形成術
(桜本信一、北里大学)
第38回 胃外科・術後障害研究会

ランチョンセミナー
「胃がん術後補助化学療法 展望」 笹子 三津留先生

根治手術後、

Stage I
Surgery only
Stage II
TS-1 → 投与期間短縮?
Stage IIIA or IIIB
TS-1 → TS-1+ CDDP?
                          or CPT-11?
Stage IV
TS-1 / TS-1 + α
JCOG胃がん外科グループ

JCOG0501(第III相試験)
・根治切除可能な大型3型・4型胃がんに対する術前TS-1 + CDDP併用療法

12月1日~12月31日

緩和医療科

担当患者の回診、治療方針の決定
カンファレンス、プレゼンテーション
コメディカルとのカンファレンス
腰椎転移に対する骨セメント療法の見学

緩和医療科の1日(1)

7時30分~
全患者の回診(Mラウンド)
→前日診療内容プレゼン・夜勤担当看護師報告
→訪室→診察→ディスカッション
10時~
Sミーティング
→当日、診療計画・指示内容の確認
12時~
カンファレンス(昼食を食べながらの)
(死亡症例,在宅・外来患者についてなど)

緩和医療科の1日(2)

13時~
各自、担当患者の診察・指示
16時~
pre Eラウンド(レジデントが集まり、情報共有)
16時30分~
夕方回診(Eラウンド)
→問題症例患者、新患患者プレゼン
18時~
カンファレンス
(症例検討会、ラウンドカンファレンス、在宅緩和カンファ)

まとめ

1. 研修先において学んだこと

 胃がんに対する標準治療、集学的治療の必要性。また、患者個々に応じた緩和医療の必要性。
メディカルスタッフを含めたチーム医療が必要であること。

2. それをどのように教育・臨床に生かすか

 実際に臨床で症例を経験する度にフィードバックを行い、さらなる標準化を行う上に患者個々に応じた対応を
チーム全体で行う。

3. それを実行するための方策

 臨床以外にも、講習会や研究会、学会などに参加することでより多くの知識・手技などを得、臨床に役立てる。

文責 徳島大学 消化器・移植外科 近清 素也

▲このページの先頭へ