中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム

文部科学省 平成24年度 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 採択事業

  1. トップページ
  2. ご挨拶

ご挨拶

代表:藤原 俊義

平成24年度に採択された文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」事業は、今年度で5年目を迎えております。この度、平成28年11月1日をもちまして、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム代表に就任いたしましたが、この時期に代表を引き継ぎましたことに大きな責任を感じ、身の引き締まる思いであります。

本事業は、平成19年、がん専門医療人の養成を目的に、8大学を結ぶ「中国・四国広域がんプロ養成プログラム」としてスタートし、平成24年からは新たに10大学が連携する「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」として、がん医療の現場を支える多職種の人材教育や指導者育成に貢献してまいりました。各大学がそれぞれの特色を生かして独自の専門医コースやインテンシブコースを設定し、またeラーニングや海外への指導者派遣などを通じて教育基盤の共有化も図ってまいりました。さらに、多職種の医療人が一同に会して行うチーム医療合同演習などで、相互交流とプロフェッショナル意識の共有を実現してきております。

国民の2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなる今日、がん診療に関わる多職種医療人の育成は、国民の健康増進、保健衛生の向上において最も重要な課題の一つであります。現在、平成18年のがん対策基本法に始まるがん対策推進基本計画が見直され、新たな第3期基本計画の策定が行われております。5年間の本事業を総括し、中国・四国のがん医療の充実のため、がん専門医療人のさらなる輩出につながるよう、皆様のご協力とご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム代表
藤原 俊義